[rev_slider alias="software"]

Hepatobiliary scintigraphy and gastric emptying

肝臓から胆汁系を介して小腸に至る胆汁の生成と流れを追跡することにより、胆管系の肝細胞機能と開通されているかを評価する放射性核種の画像研究です。肝臓、胆道系および腸の連続画像が収集されます。

HeparXプログラムは、肝細胞機能を視覚化してアーカイブし、胆嚢駆出率(GBEF)を計算するツールです。 収集した診断データは、シーケンスディスプレイまたはシネマティックディスプレイの追加情報として表示および印刷できます。シンカライドの直前およびシンカライド後のデータを使用したGBEFの計算、関心領域(ROI)は、胆嚢(患者の動きを考慮)および隣接する肝臓(背景)の周りに描画されます。 GBEFは、動的な診断の胆嚢の時間活性曲線から計算されます。

2つの異なる種類の収集が可能です。イメージングは​​注射から始まり、胆嚢と小腸の両方で活動が見られるまで連続的に続けられます。胆嚢が空になる割合と、コレシストキニンなどの既知の刺激に反応して空になる活動の割合は、収縮性の測定値として利用されます

動的な胃排出機能を検査でき、排出曲線と曲線パラメーターが表示されます。