[rev_slider alias="software"]

Lung

このプログラムの目的は、右から左への肺灌流/換気を比較することです。

腹側および背側肺の診断では、ユーザーが選択可能な数のROIが各肺に自動的かつ対称的に配置され、そこから相対密度が計算されます。フリーハンドROIも利用できます。

このプログラムには、FEV(強制呼気量)を入力データとして入力することにより、手術後の肺機能を計算する可能です。